第4回 横浜市囲碁級位認定大会のご紹介           

泉区、旭区勢頑張る!!

大会概要
 横浜市の級位者を対象とした成績次第で棋力認定がされる大会で、出場参加者は各区囲碁連盟の推薦選手です。

日時
 2013年6月16日(日)12時20分開会/16時20分閉会

会場
 反町横浜囲碁サロン(横浜市神奈川区)

主催
 横浜市囲碁連合会 横浜市囲碁級位認定大会実行委員会

参加者
 51名(各区囲碁連盟推薦選手)

大会要綱
グループ: A(1級)/B(2・3級)/C(4級)/D(5〜8級)
試合方法: ハンディ戦/グループ別/4回対局
組合せ: 第1回戦は同級者同士/第2〜4回戦は同勝者同士で近い級の組合せ
対局時間: 1時間を目安とする/経過により各残10分で時計使用
級位認定: 全勝賞、3勝賞/全勝者は昇級して認定、3勝者は現級位の認定

成績結果----( / )内は区名と級位

@昇級認定(1級の方は初段)
 田中義範(泉/1)、大野嘉彦(泉/2)、西川洋夫(泉/6)、鷺本 勇(中/4)

A現級位認定
 坂下栄治(旭/1)、定岡久仁子(南/1)、雲谷登美雄(港南/3)、伊勢天晴(鶴見/3)、花田忠司(保土ヶ谷/3)、佐合 修(旭/4)、北渡瀬力(鶴見/4)、佐藤亮太郎(緑/4)、坂下栄三(旭/6)、松田敬三(旭/6)、斉藤貞男(保土ヶ谷/8)

大会模様
 今年も朝から雨模様でしたが選手の方々集まり始めるころには晴れ間も見えてきました。対局受付表を受け取りるともう対戦モードです。実行委員長の「楽しんで打ってください」のあいさつに皆さんうなずいていよいよ対局となります。「いつも同じ人と打っているが知らない方と打てる」「級位の認定なんかと思っていましたが自分の力がわかりました」「区の役員に経験だからと推されて出ました」「やっとひとつ勝ちました。よかったです」などいろいろな感想が寄せられました。認定状を手にした方は本当に嬉しそうでした。ほかの方々も打ち切って満足そうです。来年も皆さんチャレンジしてください。

 
)インデックス写真をクリックすると拡大写真が現れます。
対局風景 盤を見つめる姿は皆同じです。
対局採譜: 初めての経験で最初は上がり気味のようです。
3級同士の保土ヶ谷区花田さん(左)と戸塚区安室さん。
取材は神奈川新聞社の大森さんです。
秦会長から認定状 毎回そうですが認定状を渡されるときは
皆さんほんとうに嬉しそうです。
昇級の方たち: 左から田中さん、西川さん、大野さん、
鷺本さんです。

実行委員会
委員長:飯塚有美
委 員:笠原正次、平松勝利、八木庸之(五十音順)

大会後記

 この級位認定大会も各区囲碁連盟役員の方々の熱意をもって4回目をむかえました。今回は泉区と旭区の方々の活躍が目立ちます。これも級位棋力の平準化へのひとつもの過程なのでしょうか。市連合会の役員の方々のもっと良い大会になるようにという望みはかなえられることでしょう。

記事平松勝利