第37回文部科学大臣杯全国高校囲選手権大会のご紹介           

谷 麻衣子さん、お姉さんに続いて女子個人戦優勝、前田 暖君は男子個人戦4位!!

はじめに
 一昨年、谷 結衣子さんが標記大会で個人戦女子で全国優勝を果たしたことは記憶に新しいことと思います。今年は、妹さんの谷 麻衣子さんが優勝しました。姉妹揃っての全国優勝は史上初の快挙です。また、個人戦男子で、前田 暖君が優勝候補の癸生川 聡君(栃木)を破り決勝トーナメント戦に進出しましたが、惜しくも優勝ならず4位でした。
 今年は、団体戦に男子48校、女子46校、個人戦に男子98名、女子49名が参加しました。詳細なデータは、日本棋院ホームページのこちらでどうぞ。
 
開催日
@団体戦
 2012年7月23日(火)〜24日(水) 
A個人戦

 2012年7月24日(水)、25日(木)

場所
 日本棋院(市ヶ谷)

主催
 日本棋院、全国高等学校囲碁連盟、高等学校文化連盟全国囲碁専門部

後援
 文部科学省


協賛---本大会は「競輪」の補助を受けて開催されました
 ANA、富士ゼロックス株式会社、日野自動車株式会社

結果
(1)団体戦
 予選を勝ち上がった、男子46校、女子46校が参加しました。

@男子
 優勝は東京の開成高校が3連覇を達成しました。神奈川県からは平塚中等教育学校(前田 暖、藤井貴史、八木岳士、西田宏幹)が出場しましたが、2勝1敗で惜しくも一次リーグ突破は成りませんでした。

A女子
 優勝は東京の藤村女子高等学校でした。神奈川からは湘南白百合学園(谷 結衣子、美能友恵、今村恵都、鄭世莉)が出場しましたが、2勝1敗で、惜しくも一次リーグ突破は成りませんでした。

(2)個人戦
@男子
 優勝は東京の斎藤正樹君(駒場東邦)でした。神奈川からは、伊藤 惇君(横浜修悠館)、前田 暖君(平塚中等教育学校)が出場し、伊藤君は2勝1敗で惜しくも一次リーグ突破なりませんでしたが、前田君は、優勝候補の癸生川 聡君(栃木)を破って一次リーグを突破し、決勝トーナメントで4位に入賞しました。

A女子
 谷 麻衣子さん(湘南白百合学園)が優勝しました。一昨年の、お姉さんの結衣子さんに続いての優勝で、姉妹揃っての優勝です。
 

写真
 ()インデックス写真をクリックすると拡大写真が現れます。
大森広文事務局長の
取材から。

神奈川新聞より
 2013年7月26日付けの神奈川新聞に掲載されました。

取材・編集後記
 団体戦は神奈川勢は振るわず、予選リーグを抜けられませんでしたが、個人戦女子では谷 麻衣子さんが優勝し、史上初の姉妹優勝を成し遂げました。地元の喜びは想像以上のものがあると思います。個人戦男子では、前田 暖君が4位入賞しました。優勝候補の癸生川君を破っての決勝トーナメント進出で4位入賞は、谷 麻衣子さんの優勝に優るとも劣らずスゴイの一言に尽きます。今、谷 麻衣子さんは1年生、前田 暖君は2年生、来年のさらなる成果を期待せざるを得ませんね。
 なお、個人戦男子優勝の齊藤正樹君(駒場東邦高等学校)は、横浜市立奈良小学校出身ですので、実質的には神奈川勢が男女とも優勝したようなものでしょうか。、
 
取材・編集>大森広文、梶原俊男(県囲碁連盟)