ブロック戦

県内から21チーム(147人)が参加し、熱戦を繰り広げた。
Aクラスは、県下の強豪が集う研究会「若葉会」が2年ぶりの優勝。
Bクラスは、「横浜囲碁センター」に集う選手が中心の「清流会・梅」が優勝。
二位の「金港支部」と共に来年はAクラスに昇格する。

入賞は次の通り。
【Aクラス】@若葉会、Aチーム慶、B宇宙棋院みのる会、C川崎倶楽部
【Bクラス】@清流会・梅、A金港支部、B富士通天狗、C遊仙会A

全勝者は次の通り。
【Aクラス】池田隼也、藤野雅也、谷結衣子(以上、チーム慶)、瀧澤雄太(若葉会)、金井洋龍(宇宙棋院みのる会)、大塚裕二(臥龍会A)
【Bクラス】秋谷昂志、新倉和也(以上、山あり谷あり)、田中良和、滝沢ひさし(以上、清流会・梅)、加藤正和(富士通 天狗)、河野哲治(遊仙会A)、林宏一(金港支部)、正田倶基(本郷台囲碁クラブ)、大井一広(横浜市役所)、渡辺清雄(只楽会)、山口晃(湘南ハイランダーズ)