神奈川県囲碁連盟

TOP 組織 大会 棋譜 日本棋院神奈川県本部 リンク
About us   ご挨拶   役員   規約   CSR・広告
CSR・広告

1.背景
 企業の持続的成長を図るには消費者、株主、得意先などのステークホルダーの理解が得られることが重要ですが、さらに、関連するステークホルダーが居住する地域社会との関係も重要と認識され始めています。地域社会が重要なステークホルダーとなってきた今日では、広告を媒体とするコミュニケーションから、特に、CSR(企業の社会的責任)と環境への取組みの姿勢が企業イメージの向上(ブランド力)と関連して重要になっています。このような新しい流れに、ボランティア団体も適切に対応していく必要があります。

2.当連盟の現状と具体的対応
(1)現状
 囲碁の普及活動は、囲碁文化の継承、生涯学習、子供たちの健全育成の活動であり、正に、地域社会と密接に関係しています。囲碁普及活動の底辺は多くのボランティアが支えていますが、継続する活動とするためには、組織の運営、最低限の活動資金の確保などの経営能力が必要であり、このため従来から、当囲碁連盟は、囲碁愛好家で経営能力のある企業のトップの方をお迎えしてご指導をいただいています。

 囲碁の普及活動とCSRとの関係においては上述のように新しい流れに沿った対応が求められていますが、企業における囲碁の認知度はまだ低く、また、広告については、当連盟が発行する神奈川囲碁年鑑(2500部)に広告を30数件載せていますが、ほとんどは日本棋院の支部の広告です。これらの現状を以下に示します。

(2)CSR
 あえてCSRに対応する活動の範疇に含めて、以下のご協力を頂き、大いに助けられています。
株式会社崎陽軒
 当連盟の諸活動に、当社殿よりご支援を頂いています。
株式会社ファンケル
 当連盟の諸活動に、当社殿よりご支援を頂いています。
カナゾン株式会社
 当連盟会長、日本棋院県支部連合会会長としてカナゾン株式会社代表取締役の平山重松様をお迎えしています。当連盟の諸活動に、当社殿よりご支援を頂いています。

(3)広告
 神奈川囲碁年鑑に掲載されている広告を以下に掲載いたします。
(1) 日本棋院厚木支部(日本棋院支部)
(2) 鎌倉深沢支部(日本棋院支部)
(3) 囲碁サロン「宇宙棋院」(日本棋院支部)
(4) ホテル花月園
(5) 神奈川工科大学
(6) 鎌倉囲碁倶楽部(日本棋院鎌倉中央支部)
(7) 囲碁さろんカミオ
(8) (株)川伸商会
(9) 金港支部(日本棋院支部)
(10) 囲碁・将棋サロン「京浜川崎クラブ」
(11) 横浜市港南区囲碁連盟
(12) (株)リファインド・スポット
(13) 日本棋院相模原支部(日本棋院支部)
(14) 囲碁サロン「碁楽遊」
(15) 『栄区を囲碁王国に』を合言葉に(栄区囲碁連盟/栄区囲碁普及会/日本棋院横浜栄支部)
(16) 囲碁サロン湘南(日本棋院湘南藤沢支部)
(17) 碁楽民宿「杉の宿」
(18) 反町横浜囲碁サロン
(19) 津久井トータス碁友会(日本棋院支部)
(20) 鶴見囲碁センター『石処』
(21) 田園会(囲碁愛好団体)
(22) 横須賀囲碁クラブ「天元」(日本棋院横須賀支部)
(23) 戸塚囲碁サロン
(24) 囲碁道場中村信夫
(25) 囲碁箱根名人戦(囲碁箱根名人戦運営委員会)
(26) 原田実囲碁研究会「遊仙会」「互遊会」
(27) 秦野囲碁サロン(秦野囲碁同好会)
(28) 平井碁盤店
(29) 湘南ひらつか囲碁文化振興事業(平塚市文化スポーツまちづくり振興財団)
(30) 本厚木囲碁クラブ
(31) 丸山碁盤店
(32) 三浦で囲碁を楽しもう!
(33) みのる会
(34) 碁盤屋「横浜棋具」
(35) 横浜囲碁センター
(36) 横浜本因坊「手段」(日本棋院支部)
(37) 名刺----その1
(38) 名刺----その2



ダイドー・ドリンコ(株)